山を嗜む

Sound from Mountains

*

MAGIC MOUNTAIN・マジックマウンテン テレマークリーシュ

   


MAGIC MOUNTAIN マジックマウンテン テレマークリーシュ

なんだか今シーズン前半は雪は少なくて微妙ですが。。。

私が山スキー(バックカントリースキー)で使用しているリーシュです。

リーシュとはスキー板と兼用靴(山スキー靴)をつないでおいて、滑降中に外れた時に板だけ飛んでいかないようにするものです。

私はテレマークじゃなくてアルペンツアースキーやフリーライドなんですけどね、マジックマウンテンのツアースキー用のリーシュは重いんでテレマーク用を使っています。

こっちが本来のアルペンツアースキー用です。
MAGIC MOUNTAIN マジックマウンテン テレマークリーシュうーん。私はここまでガッチリしたのは必要ありません。

どちらかと言えば、もっと強度の低いものが好みです。

雪崩に遭った事がある方なら身に染みて経験済だと思いますが、雪崩の際に板がブーツに繋がっていると板が潜っていってしまって体も深い場所に連れていかれます。

 

って事で、私の場合はテレマーク用のリーシュに雪崩時の大きな負荷がかかった時に破損する様に細工しています。

あくまでも「私の場合」ですので推奨しているワケではありませんけど。。。

こんな感じに切り込みを入れてます。(メーカーさんゴメンナサイ)
MAGIC MOUNTAIN マジックマウンテン テレマークリーシュゲート側のストッパーも落としてます。奥側は加工前の状態です。
MAGIC MOUNTAIN マジックマウンテン テレマークリーシュ

これで板が雪崩に引っ張られた時にリーシュが破損して体は板から離れます。
細引きでもいいんですけどカールコードじゃないと雪崩じゃない時に板が外れた場合に急激な力がかかり過ぎて普通に破損してしまうので、カールコードの利点を活かす必要があるんです。。。

まぁ、コケル=滑落というような場面だと歩行モード(ビンディングが絶対開放しない状態)で滑降するのでリーシュはどのみち意味ありませんけど、比較的緩い斜面で雪崩の起きそうな場所なら有効なのでこの加工をしています。
※歩行モードでの滑降はメーカーで禁止しているので本当はNGです。


 - 山スキー系