キャンプ あーだこーだ

キャンプしましょう。晴も、雨の中も、雪の中も、氷の上も、嵐の中も。

*

Tentipi Zirkon 15CP ティンティピ

      2015/10/17

最近めっきり多くなったTentipiですね。

このようなアメリカンインディアンが使うような三角形のテントをTipi(Teepee)と言いますがTentipiはスウェーデンのメーカーです。

Zirkon 15CPにするか9CPにするか悩みどころだと思いますが、ペグダウン16か所の15CPの方がキレイな三角錐になるので美しいと思うのは私だけ?

まあ、私が15CPを最初に選んだのは「デカイから」ってとこですが。

薪ストーブ+大人4人分のコット+テーブル+ローチェア4脚だと15CPでもかなり狭いです。

我が家の場合は、寝る時になるとテーブルとローチェアをたたんでコットを広げます。朝になったらその逆をやるという。。。

ゆったりと(贅沢に)使うには大人3人が良いですよ。

センターポールを立てる時は幕の中に空気を送り込みながら立てると楽ちん。力にだけ頼って立てようとしたら相当大変。

この幕のフットプリント、グランドシートにあたる「テンティピ フロア Comfort」は、あった方がいいですよ。地面が泥だったり、雨でグチャグチャの時はこれをひいてから幕を立てる。撤収の時もこれの上に幕を下ろす。ってやり方したら幕の内側が汚れませんね。15CP用のテンティピ フロア Comfortはそれだけで新品の幕が買えるぐらいのお値段なのがネック。しかし、それ以上の価値、というか必要性は感じます。幕にテンションをかける前に装着して、その後、幕にテンションをかける事でシワなくキレイな床ができます。薪ストーブから火の粉が飛ぶと簡単に穴があくけど、使ってたら多少はしょうがないでしょう。

15CPはご存知のとおり、ストーブやレール、フロアなど一式で45万円以上になります。。。

けど、雪中キャンプをやる人にはそれ以上の価値はあるので躊躇せず買ってしまいましょう。

 

 

 

一回、真冬の強烈な低気圧が日本海を通過する時に日本海の海岸で張ってました。

張る時は風はほとんんど無かったんですが、時間が経つにつれ暴風雨に。なにせ100kg近い体重の人間が立ってられない&歩けない状態だったので、少なく見積もっても風速20m/s以上はあったでしょうね。

それでもこの幕は大丈夫でしたよ。まぁ、途中でソリステ30が2か所吹き飛んでしまって慌ててソリステ50と併用したからなんとかなった感じですが、幕体とポールに異常無し。

 

直径5mなんで、広そうだけど当たり前に側面は傾斜なんで広くはないかと。それはテンティピの欠点と言うより、ティピタイプのモノポールテント全般の欠点です。

ただ、雪中キャンプには最強の幕でしょう。豪雪地帯もへっちゃら。

画像は夕方から朝にかけて60cm以上積もった中蒜山オートキャンプ場での一枚。(寝る前に一回雪かきしてます)

当然ですが、薪ストーブが入っています。(Tentipi エルドフェル ストーブ Pro

キレイ好きな方は薪は良いモノを使った方がいいですよ。私の場合はガシガシ使うので廃材ですが、

煙突の先からススが幕に沢山落ちます。なので幕の頂上付近は今では真っ黒けですよ。

嫁に「うちのテント汚いね」って言われてます。私はあんま気にしませんが。

まぁ、ススの出にくい薪を使っても多少は幕の上に落ちてくる思います。

って事で幕の先端がキレイなジルコンを見ると、「あー、まだ買ったばっかりなんだなぁ。。。。あんな頃もあった。。。」って思います。

 

オーナー皆さんの共通の悩みは出入り口のジッパーが弱い。。。とこです。

 

 - オートキャンプ装備, テント, 雪中キャンプ装備