キャンプ あーだこーだ

キャンプしましょう。晴も、雨の中も、雪の中も、氷の上も、嵐の中も。

*

NANGA AURORA light 750SDXLT / ナンガ オーロラライト750SDXLT

      2015/10/16

「NANGA AURORA light 750SDXLT / ナンガ オーロラライト750SDXLT」です。

雪中のオートキャンプ、ファミリーキャンプから厳冬期登山まで、人気のナンガオーロラシリーズ。

オーロラライト600やオーロラ750、オーロラ900を使っている方は多いと思いますが。。。

まだオーロラライト750の記事は少ないかと。

——————-メーカースペック————————

重量:1275g

大きさ:レギュラーサイズ(最長幅80cmx全長210cm)

素材:ヨーロピアンホワイトダックダウン(90-10%) 表地:オーロラテックス(ナイロン100%)裏地:ナイロン100%

フィルパワー:770FP

快適使用温度:マイナス13度

使用可能限界温度:マイナス33度

————————————————————

以前はナンガに裏地も防水(撥水)のシェラフがあったんですけどね。。。

 

山岳のキャンプもする人は重さと仕舞寸法が重要なポイントになりますが、

オートキャンプで使うなら重さは関係無いので、

オーロラライトである必要はありません。

結局はトレードオフですね。軽さを求めて生地を薄く。。。がオーロラライトです。

 

バックカントリースキーやウルトラライトを求めるならオーロラライト600か750。

縦走や雪洞泊、雪中のオートキャンプならオーロラ。。。のチョイスだと思います。

 

実際の使用感ですが、テント内の気温マイナス10℃ぐらいの場所では、

上下肌着(モンベルジオラインEXP)だけで朝まで熟睡できました。

テント内の気温がマイナス20℃ぐらいの時は上下肌着(モンベルジオラインEXP)と、

フリース(パタゴニアR4)で熟睡。。。というかちょっと暑くて途中で起きました。

テントはダブルウォール、マットはサーマレストのXサーモでの環境です。

(※個人差があります。特に女性は3℃~5℃寒く感じるのでそれを踏まえて下さい)

 

そのうち、オーロラライトの900も出るハズ。。。。

 

ウルトラライト ★★★★☆

厳冬期高所登山 ★★★★★

バックカントリースキー・スノボ ★★★★★

マイナス20℃以下のキャンプ ★★★★★

冬季カヌーキャンプ ★★★★☆

冬季バイクキャンプ ★★★★★

雪中オートキャンプ ★★★☆☆

雪中ファミリーキャンプ ★★★☆☆

 

 - UL装備(ウルトラライト装備), カヌーキャンプ装備, シュラフ(寝袋), ソロキャンプ装備, バイクキャンプ装備, バックカントリーキャンプ装備, バックカントリースキー(山スキー), マイナス20℃以下での装備, 山キャンプ装備, 氷上キャンプ装備, 雪中キャンプ装備