キャンプ あーだこーだ

キャンプしましょう。晴も、雨の中も、雪の中も、氷の上も、嵐の中も。

*

サーマレスト ネオエアーXサーモ / Therm A Rest NeoAir XTherm

      2015/10/16

8月も終わり、そろそろ冬の準備ですね。

久々の更新で紹介するのは「サーマレスト ネオエアーXサーモ」です。

私が使っているのはSサイズです。

体が小さいワケでは無いんですがね、山で使うには肩から尻までの長さ以上のマットを持参してもメリットを感じないんで。。。。

山で定番な寝室の床配置ですね。

足元のザックの部分は厳冬期でマイナス20℃以下の時はレスキューシートとかで断熱すると有効です。

Xサーモは断熱性能が高いんで更に断熱する必要はありません。

寝心地ですが、この手のエアーマットは空気の層だけなのでウレタン入りのマットに比べたら寝心地は良くありませんね。

厳冬期に軽さと仕舞寸法を重視する人向けのマットです。

Xサーモをオートキャンプやファミリーキャンプで使っても寝れますがあまり意味無いかと。。。。

仕舞はステキな大きさ。重さは310g(カタログ値)です。

スタッフサックは「空気入れ」になってますがSサイズなら口で膨らましても10息以内でパンパンに膨らみます。

(私の場合は完全に空気の抜けている状態からピッタリ9息でパンパンになります。)

MサイズとかRサイズだと膨らますだけでも結構面倒な作業。。。

断熱性能や軽さ、仕舞寸法の評価が高いネオエアーXサーモですが、

私が実際に使ってみて素晴らしいと感じたのはマットの表面が「滑らない」事ですね。

山のテン場は傾斜が当たり前なんで滑るマットだと寝返りうつ度にズルズルと体が下の方へ。。。それが劇的に改善します(無雪期)。

雪の上だと整地するんである程度は平坦ですが、12月~1月の柔らかい雪の上だと床が凹んで傾斜になってしまう経験をされた方を多いハズ。

そんな柔らかい雪の上でもかなり有効です。

 

厚みもあるんで下に石があったりしても、体に触る事はほぼありませんね。

接地面側の生地の強度も十分なんで安心して使えます。

寝心地だけをトレードオフすれば良く出来た4シーズンマットだと思います。

体の冷えが気になる山ガール、山女の方々にもお勧めですね。

 

UL(ウルトラライト) ★★★★★

バックカントリースキー・スノボ ★★★★★

山キャンプ ★★★★★

バイクキャンプ ★★★☆☆

カヌーキャンプ ★★★★☆

丘キャンプ・オートキャンプ ★☆☆☆☆

 

 - カヌーキャンプ装備, ソロキャンプ装備, バイクキャンプ装備, バックカントリーキャンプ装備, マイナス20℃以下での装備, マット, 山キャンプ装備, 氷上キャンプ装備