キャンプ あーだこーだ

キャンプしましょう。晴も、雨の中も、雪の中も、氷の上も、嵐の中も。

*

DYNAFIT Radical FT / ディナフィット ラディカルFT

      2015/10/16

はい。これもキャンプには関係ないように見えますが私のキャンプには関係あります。。。

バックカントリースキーでのキャンプで。

私が使っているツアースキー用のビンディング(DYNAFIT Radical FT / ディナフィット ラディカルFT)です。

TLTビンディングってやつです。

最後までG3のオニキスと悩みましたが結局はラディカルFTにしました。

なんで悩むかと言うと高山での滑降ではビンディングに命を預けるんで変なモノは使いたくないんです。

なんか大げさっぽく聞こえるかもしれませんが、滑降中にビンディングが外れたらそのまま滑落ですからタダでは済みません。

STの解放値は10まで。FTは12まで。私は10~11にしています。9で使ってたらシュラカブラに当たった時に外れました。。

まぁ、外れるぐらいなら脚の骨折れた方がいい。。。って場面では歩行モードで滑るしかないんで解放値はSTもFTも関係ありませんが。

ショックアブソーバーは劇的に変わる感じではありません。フィーリングが多少変わる程度です。板にもよるのかもしれませんが。

ヒールアップの角度はG3とかチロリアの方が角度はつきます。

まぁ、この角度で十分です。これで登れないような斜度なら担いでアイゼン付けた方が効率良く進めると思います。。。

 

 

 - バックカントリーキャンプ装備, バックカントリースキー(山スキー)