キャンプ あーだこーだ

キャンプしましょう。晴も、雨の中も、雪の中も、氷の上も、嵐の中も。

*

CAMP ICE MASTER / カンプ アイスマスター

      2015/11/08

アイゼンと言うよりは滑り防止の便利グッズ?のカンプ アイスマスターです。
「雪中キャンプとか滑りそうで嫌なの」なんて人にも向いてます。
あ、久々の更新になってしまいました。
右足の親指の付け根を骨折してて全くアウトドアできなかったんですよ Orz

モンベルのチェーンスパイクと同類といえば同類なのですが。

カンプのアイスマスターの方が適応範囲が広いです。

爪の長さがチェーンスパイクよりも長く、4本アイゼンや6本アイゼンよりも短い。

そして、チェーンスパイクよりソール全面に爪がついていてしっかりしているのが適応範囲の広さのポイントかと。

前爪は要らないけど4本じゃ不安。。。なんて場所でもアイスマスターでサクサク歩ける場合がほとんどです。

低山は昼間に雪が解けて夜に凍る。。。をくり返すんで意外と凍ってる場所多いんですよね。

こんな坂とか高尾山(関東)とか金剛山(関西)などの人気な低山にありますね。。。

こーゆーガチガチに凍結してる状態にアイスマスターは一番適してる気がします。。。名前のままですが。

雪面の状態にもよりますが低山~中山までならカンプ アイスマスター1つあれば4本とか6本を買う必要は無いような。

まぁ、欠点はそこそこ重いのでUL目指すなら重さと仕舞寸法でモンベルのチェーンスパイクの勝ち。

高山行くのに12本爪+平地移動用にサブで持参する場合とかにアイスマスターは中途半端って感じです。

って事で低山にはとてもお勧めなカンプ アイスマスターなのでした。

あ、

カンプのアイスマスターにしてもモンベルのチェーンスパイクにしてもフィッテング出来るのも特徴ですかね。

私の足のサイズは26cm。カンプのアイスマスターの場合はLサイズです。

ピッタリフィットさせるにチェーンを詰めて合わせます。

土踏まずの上側2箇所と下側2箇所‘+画像では見えませんが、

踵の後ろ2箇所を1コマずつ計6箇所(2足で12箇所)詰めてフィッテングしてあります。

フィッテング後はピッタリとフィットしているのが判りますかね。。。。

1歩踏み込む度に簿妙にアイゼンがずれる気持ち悪さもこれで解消。

ピッタリ合わせてあるので足の甲のバンドも緩くて大丈夫=足への圧迫感からも開放。

※あくまでも26cmサイズの靴にカンプ アイスマスターのLサイズを合わせた時の例なので参考までに。。。。

 

山じゃなくてオートキャンプ場とかで使おうと考えている人、ソレルにもぴったり合いますよ。

なんだか見た目が凶悪になりますが。

 

キャンプ場ですってんコロリンしたくない人 ★★★★★

低山 ★★★★★

中山 ★★★☆☆

高山のサブ ★☆☆☆☆

 - アイゼン(クランポン), 山キャンプ装備