キャンプ あーだこーだ

キャンプしましょう。晴も、雨の中も、雪の中も、氷の上も、嵐の中も。

*

キャンプの虫対策まとめ

      2015/10/16

キャンプに虫はつきもの。私は気にしませんが。

しかし最近のアウトドアブーム&キャンプブームで、

「アウトドアしたいけど虫が嫌」って方は多いみたいなのでキャンプでの虫対策をまとめてみましょう。

一番の対策は虫の居ない時期にキャンプする。。。です。

11月後半から2月までの本土では虫は居ません。完璧です。

。。。で話が終わってしまって虫対策のまとめにならないので、3月から10月ぐらいまでの虫対策を。


・時期による分布(夕方~夜間)

3月~5月:小さな羽虫が多いです。蛾は少ない。

6月~9月:蚊やブヨ(ブト)と蛾ですね。

10月:蚊も少し居ますが羽虫と蛾です。

高地:涼しいので夏に人気ですが7月~10月ぐらいまで蛾の大群です。

まぁ、虫が嫌いな人はどれも嫌いだから分類は意味無い気がしますが。。。

私も蚊やブヨに刺されるのは歓迎しません。


・装備(道具)による虫対策

【タープ用メッシュ】

ヒルバーグ:メッシュボックス

 

 

 

 

 

 

snowpeak:タープスクリーン

 

 

 

 

 

 

 

【シェルター系】

小川キャンパル:ラナ

 

 

 

 

小川キャンパル:ロッジシェルター

 

 

 

 

虫対策有効度★★★★☆

上記に並んいるものは全面が網戸状態なので、大きな蚊帳ですね。

虫の居る時期にはこれが一番の虫対策です。出入りの時だけ注意していればまず虫は入りません。

逆に言えば出入りの時に虫が入ります。

 

 

 

【誘蛾灯作戦】

虫対策有効度★★★☆☆

明るいランタンと暗いランタンを用意し、

明るいランタンをキャンプスペースから離れた場所に設置して誘蛾灯にします。

そしてキャンプスペースは暗めのランタンを使います。

誘蛾灯に使うランタンには沢山の虫の死骸がつくので、きれい好きさんには向きません。

虫が来る割合が変わるだけで、暗めのランタンの方にも虫は来ます。

100匹居たら70匹が明るい方、30匹が暗いほう。って感じです。虫が嫌いじゃなければこれで十分ですよ。


・虫除け用品による虫対策

【吊り下げ式虫除け】

キャンプでの虫対策有効度 ★★☆☆☆

誰もがキャンプでの使用を考えますね。私も発売されてすぐに試しました。

微妙。。。。構造的に風が少しでもあると風下にしか効力が無いような、いや風下でも微妙な。。。

じゃあテントやタープを囲むように4箇所に設置したら?

やってみましたが、1つ当たりの有効な範囲が狭いんで4つ程度じゃ普通に蚊に刺されます。

30個とかで囲めば違うのかもしれませんが、人体にも悪そうですね。

基本は家の出入り口や中などの空気が停滞している場所に有効な代物なのでキャンプには微妙という結論になりました。

スクリーンタープやシェルターと併用して使えば気休めにはなると思います。

 

【ヤブ蚊バリア】

キャンプでの虫対策有効度 ★★☆☆☆

これも試してみました。草刈や農作業の時に使用する為の商品なので、アウトドアにぴったり?

タープの周囲を囲むように一周スプレーしてみました。結果はやはり微妙。

次にタープの床面全体にまんべんなくスプレーしてみました。これは少し効果あったと思いますがスプレー2本使いました。

高額な割りには虫(蚊)対策の効果はキャンプでは薄いと思いました。

これもスクリーンタープやシェルターと併用ならアリかも。

 

【虫よけスプレー】

キャンプでの虫対策有効度 ★★★★☆

昔からありますね、虫よけスプレー。

実はコレがナカナカ効果があります。直接肌にスプレーするので動き回る子供などにも有効ですね。

蚊には効果ありますが、蛾や羽虫、ブヨには効果ありません。そこが欠点。

 

【蚊取り線香】

キャンプでの虫対策有効度 ★★★☆☆

煙が見えるのが利点です。風上に置くのが容易なので。

1個では心もとないけど2個3個と状況に応じて簡単に増やせるのも利点ですね。

コストパフォーマンスが良いのでお勧めです。ブヨには効きませんが。

 

 

【防虫線香】

 

 

 

 

 

キャンプでの虫対策有効度 ★★★☆☆

アウトドア用に作られた製品です。蚊取り線香のように殺虫能力はありませんが防虫能力が高ければ殺虫能力はいりませんね。

普通の蚊取り線香よりも明らかに太く煙も多いです。

やはりブヨには効きません。コストを重視の方は普通の蚊取り線香。自然に優しい人は防虫線香。。。。って感じかと。

 

 

【虫除けキャンドル】

キャンプでの虫対策有効度 ★☆☆☆☆

これも一回使った事がありますが、一回でやめました。

風に弱いし、どの範囲が効いているのか不明。

雰囲気重視の方だけどうぞ。

 

 

【ハッカ水】

キャンプでの虫対策有効度 ★★☆☆☆

ブヨ対策の決定版として数年前に大ブレーク。

私も使ってみましたが普通にブヨに刺されました。しかもハッカ水塗ってある場所を。

まぁ、塗ってなかったらもっと刺されたのかもしれませんね。

って事で効果が高いとは思えませんが、ブヨが多いエリアでは一応塗っておきましょう。

 

【殺虫剤】

キャンプでの虫対策有効度 ★★☆☆☆

殺虫剤は虫に直接スプレーして殺すものなので意味はありません。

キャンプしているのですから虫は殺しても殺しても沸いてきます。

無駄な殺生はやめましょうね。

シェルターの中で使うぐらいです。


まとめ

タープにせよシェルターにせよメッシュで囲まれていれば虫による被害はほぼ無いのと同じです。

それプラス、虫よけ用品などを上手に組み合わせる事で虫嫌いな人でもキャンプできると言う結論です。

虫除け用品は蚊取り線香と虫除けスプレーより圧倒的な効力を示すモノがありません。今後の新製品に期待しましょう。

まぁ、そのうち虫にも慣れてくるんで、どうでもよくなってきますよ。

あ、早朝と夕暮れの設営撤収は極力避けましょう。ブヨや蚊の活動時間です。これ大事。

曇りの日や雨の日は早朝と夕暮れだけではなく昼も刺されます。これも大事。

 


最後に。。。刺された時の処置

(※これより下にはグロテスクな虫画像がありますが有用な情報もあります)

 

【蚊】

ムヒでもウナでもお好きな方を。

値段はウナの方が安いです。

 

 

【ブヨ】

効果的な塗り薬は無いと思います。

アレルギー反応を起こして激しく腫れるので錠剤の抗アレルギー薬が効果が一番効果があります。

花粉症の方が処方される「アレロック」これがブヨに刺された時に効きます。

実際にブヨに刺されて病院に行くとアレロックが処方されます。

一番いいのは事前に服用しておく事ですね。

「キャンプに行くのでアレロックを処方してください」って言って処方してくれる病院があるかは疑問ですが。

 

 

【ハチ】

私の基準ではアシナガバチやミツバチ、クロスズメバチに刺された時は病院には行きません。

心配な方は病院へ。

一般的な黄色と黒のスズメバチに刺された事はありませんが、病院に行くべきでしょう。

 

 

【ムカデ】

キャンプ場では遭遇する事はまず無いでしょう。

遭遇しても刺される事はめったにないと思いますし、私も刺された事はありませんが、

病院に行って診てもらったほうがよさそうですね。

 

 

【マダニ】

皮膚に頭部を潜り込ませて長時間血を吸います。

無理に剥がしたりすると胴体だけとれて頭が残ります。

マダニが血を吸っているのをみつけたら、綿棒やティツシュなどにキンチョールなどの殺虫剤をしみこませ、

血を吸っているマダニに塗ります。5分ほどでマダニが死ぬので、ピンセットで胴体をつかんで抜いてください。

頭がモゲる事なくきれいにとれます。その後に病院へ。

マダニは丘キャンプ(オートキャンプ場)などで遭遇する事は無いでしょう。登山のヤブ漕ぎや低規格キャンプ場などで薪集めしていたら可能性はありますが。

 

【クマバチ(クマンバチ)】

キャンプしているとブーンと巨大なクマバチが突然現れてパニックになっている人がいますが。。。。

ホバリングするタイプのクマバチは雄なのでハリを持ってません。つまり刺しません。カナブンみたいなもんです。

メスはハリをもっていますが、キャンプしてる場所に突然現れて人を刺したりしません。

信じられない方はwikiなどを参照してくださいな。

 

 

 

【ヤマビル】

山に生息するヒルです。主な活動時期は4月~9月。

対策:「衣類や靴に食塩水を霧吹きでスプレーしておく。ヤマビルが侵入可能な部分『足首周り・腰周り・手首周り・首周り・帽子』などに散布。」その他、「タイツなどを履いてヒルの侵入を防ぐ」「靴下の中にズボンの裾を入れておく」など。

吸われてたら食塩水や塩をかけると自然に皮膚から離れます。
※塩を直接の場合は傷口がとても沁みます。

食塩水の濃度は20%以上。水800ccに対して塩200g以上がおおよその目安です。

ヒルが出す血液凝固を妨害する物質(ヒルジン)を傷口からポイズンリムーバーなでで吸い出してから消毒し絆創膏などを貼っておけば病院に行くまでの事ではありません。ヤマビルに毒はありませんがどーしても心配な方は病院へ。

ヒルジンが傷口内に残っていると血が止まりにくいです。

 

追記:食塩水以外にもヤマビルファイターっていうヒル除け剤(ヒル除けスプレーもあり)が売ってるのでこれを使うのも手ですね。

 

 

 - 情報