キャンプ あーだこーだ

キャンプしましょう。晴も、雨の中も、雪の中も、氷の上も、嵐の中も。

*

mont・bell / モンベルジオライン L.W.

      2015/10/16

遅くなってすいません「モンベル ジオライン」VS「パタゴニア キャプリーン」の対決の結果です。

画像はモンベルのジオラインLWです。

ジオラインのラインナップは生地の薄い順で、

ジオラインクールメッシュ>ジオラインLW>ジオラインMW>ジオラインXP

となります。パタゴニアのキャプリーン1~4みたいに4段階ですが、

ジオラインLWとキャプリーン1が同じぐらいの生地の厚さです。(旧モデルを除く)

つまりジオラインのクールメッシュと同じ扱いの製品はパタゴニアには今はありませんね。

前置きが長くなりましたが、今回は一年を通して一番使い勝手の良いジオラインLWの使用感です。

求められるのは通気性というか、いかに汗で濡れずに外に出すかなので速乾性ですかね。

じっとしているだけで汗でTシャツが濡れてしまうような環境でも、ジオラインLWは濡れませんね。

たぶん裸でいるよりジオラインLWを着てる方が涼しいでしょう。気化熱で。

私はメインは登山で使ってますが、暑い時期のキャンプにもぴったりですよ。

パタゴニアのキャプリーン1と比べても。ジオラインLWの方が汗を早く外に出してくれる感じがします。

という事で、パタゴニアびいきの私ですがアンダーウェアに関しては性能的にジオラインの勝ちです。

私がキャプリーン1や2を買い足す事は無いでしょう。

あ、性能よりもおしゃれを重視する方はパタゴニアのキャプリーンの方が幸せです。

ジオランは基本、黒か灰色の2色のみなので。

登山する方はロングスリーブの方がお勧めですね。

天候が悪くなったらジオラインLWのロングスリーブの上にゴアテックス着るだけで快適です。

最近話題の「マダニ」対策としてもロングスリーブの方がいいような。。。

通気性 ★★★★★

肌触り ★★★★★

速乾性 ★★★★★

 

 - ウエア