キャンプ あーだこーだ

キャンプしましょう。晴も、雨の中も、雪の中も、氷の上も、嵐の中も。

*

snowpeak ソリッドステーク

      2015/10/17

丘キャンパーにはお馴染みのソリステですね。

まぁ、スノーピーク製品に拘ってない人でもソリステ使ってる方は多いと思います。

コールマンにも似たような商品があるんですけどね、長さが色々選べないんで、ソリステの勝ちです。

ただ、山岳キャンプでは使いません。重すぎなんで。

 

幕を買っても付属のペグは使わないでソリステを使う人がほとんどだと思いますが、

あの付属のペグって捨てるに捨てれないし使わないし、困った存在です。そんな人が沢山居るんでしょうね。

 

よく聞かれる質問に、「50cmのソリステは何に使うんですか?」ってのがあります。

私は50cmを6本所持してますが、地面が柔らかい時や暴風の時に活躍します。

ただ、「ペグが長ければ(強ければ)暴風でも大丈夫」ではありません、テントやタープの引き裂き強度にも着眼しないといけませんね。

あとは。。。。河原で野営の時ですね。こぶし大の石がごろごろしている様な河原では30cmではあまり役に立ちません。

どちらにせよ、必要な時には他で代用ができないんで50cmは必ず持っていきます。

あと「何センチのソリステを買えばいいんですか?」も聞かれますね。

キャンプ場でのキャンプを中心に考えているのであれば、30cmで揃えて20cmをサブ的な感じに使います。

幕営を中心に考えているのであれば、30cmで揃えるのは同じですが、40cmと50cmを状況に合わせて使います。

幕営する場所にもよりますが20cmの出番は少ないですね。

本格的な雪中キャンプの場合はこの手のペグは利きません。。。

まぁ、雪を掘ったら地面が出てくる程度の積雪(降雪深40cm以下)なら雪を掘って地面に打ち込んでください。普段通りですね。

豪雪キャンプ好きな人はスノーペグをどーぞ。

氷上キャンプ好きな人はアイスペグをどーぞ。

 

 - オートキャンプ装備, ペグ