キャンプ あーだこーだ

キャンプしましょう。晴も、雨の中も、雪の中も、氷の上も、嵐の中も。

*

Ice peg / アイスペグ(アイスアンカー)

      2015/10/16

氷上キャンプに使用するペグです。大きく分けて2種類あります。

 

①「ハンマーイン スクリューアウト」ハンマーで叩き入れる事で固定され、外す時は手で回して抜ていくタイプ。

 

 

②「スクリューイン スクリューアウト」手で回して入れ、手で回して外すタイプ。

氷上で穴釣りキャンプをする場合は、ハンマーインはタブーです。氷面の振動が水中に反響するので魚が逃げます。

特に近くに別の釣り人が居たらトラブルの元に。。。。

両タイプとも今では日本での入手が困難です。

日本で入手が簡単で信頼性が高いのはアイスクライミング用のアイススクリューです。

※アイススクリューの紹介記事はこちらから。

 

氷上ではなくてアイスバーンで使う場合は見極めが必要です。

一口にアイスバーンと言っても雪が溶けて再度凍った状態もあれば、極度に圧雪された固い状態もありますね。

概ね、ハンマーなどで叩いてみてアイスバーンが割れる様な場合はアイスペグを使います。

割れないでハンマーがめり込む場合は、スノーペグか鋳鉄ペグを使用します。

鋳鉄ペグは使えない事は無いのですが、雪の厚さが20cm以上の雪中キャンプでは汎用性が低いと私は思っています。

スノーペグ・アイスペグ・スノーショベル・スノーソーさえ持っていれば、あらゆる雪面環境において鋳鉄ペグの出番はありません。

※バーンが割れる場合もブレーカブルクラストやフィルムクラストの場合はアイスペグやアイススクリューを使用してはいけません。

 

氷上キャンプ ★★★★★

モナカ雪 ★☆☆☆☆

初心者向け ★☆☆☆☆☆

 - ペグ, マイナス20℃以下での装備, 氷上キャンプ装備