キャンプ あーだこーだ

キャンプしましょう。晴も、雨の中も、雪の中も、氷の上も、嵐の中も。

*

今シーズン初の雪中キャンプ

      2015/10/16

えーと、装備品の記事ばっかりなので、たまにはキャンプしてきた記事でも。。

今回はソロです。

10月に関東以南で雪中キャンプが出来る場所は限られてますね。

って事で、定番ですがこちらに行ってきました。

日付けは2012年10月25日~10月29日です。

上の画像で、どこのキャンプ場か判った方は結構なマニアですよ。

いや、10月に雪中の時点でバレバレですかね。。。。。有名だし。

 

 

北アルプスの涸沢キャンプ場です。

まだ積雪は少なかったんですが、冬キャンプを味わうならまずまずかと。

人少ないし、涸沢には2泊3日の滞在でのんびりできました。

私は概ね、標高が2200m以上になると空気が薄いのを体で感じます。

って事で、ここは空気が薄い。。。。。と体が申しております。

2日目は暴風雪&暴風雨でした。風速は30m/s前後。

とてもテントの外に出れる状態じゃ無かったんで中でゴロゴロと寝てました。

まぁ、山の天気なんてこんなものでしょう。画像はまだそこまで荒れていない時。

 

 

 

夜になり、天気は回復方向へ。

寒いとこでのバルブ撮影は忍耐ですよねー

星が出るまで天候が回復しなかったんでこんな画像だけですが。。。。

 

 

 

そして、翌朝。

やっとスッキリと晴れ、天界らしい雰囲気になりました。

涸沢キャンプ場の利用料金は1人1泊¥500です。

—————————————————————————————————————-

【涸沢キャンプ場への行き方をざっくりと】

・沢渡地区の駐車場に車を止めます(1日¥500)。テントなどの装備はもちろん担いでいきます。

・シャトルバスで上高地バスターミナルへ(往復料金¥2000)自家用車は進入できません。

↓(バス25分)

・上高地バスターミナル下車

↓(徒歩10分)

・小梨平キャンプ場

↓(徒歩1時間)

・明神橋

↓(徒歩1時間)

・徳沢キャンプ場

↓(徒歩1時間)

・横尾キャンプ場

↓(徒歩3時間)

・涸沢キャンプ場

—————————————————————————————————————-

テントなどの重装備を担いでいるので実際は行き9時間ぐらい、帰り7時間ぐらい歩きます。

のんびりと休憩しながら歩くつもりであれば、片道10時間ぐらいはかかるでしょう。

一気に上がるのは大変なので、途中にある徳沢か横尾のキャンプ場で1泊してから涸沢に向かうと楽です。

今回の私の場合は上高地バスターミナルに着いたのが夕方だったんで、

小梨平キャンプ場に1泊し、次に横尾キャンプ場で一泊してから涸沢キャンプ場に向かいました。

※11月15日~翌4月26日まで閉山してますので気軽には入れなくなります。

 - キャンプ記 ,