2月 152013
 

雪中キャンプをしている人でスノーペグを正しく使えていない方をよく見かけるので記事を書きます。

スノーペグを使う条件は積雪が圧雪で30cm以上の場合です。30cm以下の時は地面を出して普通のペグを使います。

基本、スノーペグは普通のペグの様にハンマーで打ち込んだりしません。打ち込むのではなくて「埋める」モノです。

スノーペグの特徴は穴です。センターの穴を使用します。

youtubeに動画をアップしてありますのでご覧ください。

張網の先端が固定されてしまうとテンションの調整が出来ないタイプのテントやタープの場合は事前に張網を逆にすると上手くいきます。

 

 Posted by at 4:44 PM
11月 032012
 

氷上キャンプに使用するペグです。大きく分けて2種類あります。

 

①「ハンマーイン スクリューアウト」ハンマーで叩き入れる事で固定され、外す時は手で回して抜ていくタイプ。

 

 

②「スクリューイン スクリューアウト」手で回して入れ、手で回して外すタイプ。

氷上で穴釣りキャンプをする場合は、ハンマーインはタブーです。氷面の振動が水中に反響するので魚が逃げます。

特に近くに別の釣り人が居たらトラブルの元に。。。。

両タイプとも今では日本での入手が困難です。

日本で入手が簡単で信頼性が高いのはアイスクライミング用のアイススクリューです。

※アイススクリューの紹介記事はこちらから。

 

氷上ではなくてアイスバーンで使う場合は見極めが必要です。

一口にアイスバーンと言っても雪が溶けて再度凍った状態もあれば、極度に圧雪された固い状態もありますね。

概ね、ハンマーなどで叩いてみてアイスバーンが割れる様な場合はアイスペグを使います。

割れないでハンマーがめり込む場合は、スノーペグか鋳鉄ペグを使用します。

鋳鉄ペグは使えない事は無いのですが、雪の厚さが20cm以上の雪中キャンプでは汎用性が低いと私は思っています。

スノーペグ・アイスペグ・スノーショベル・スノーソーさえ持っていれば、あらゆる雪面環境において鋳鉄ペグの出番はありません。

※バーンが割れる場合もブレーカブルクラストやフィルムクラストの場合はアイスペグやアイススクリューを使用してはいけません。

 

氷上キャンプ ★★★★★

モナカ雪 ★☆☆☆☆

初心者向け ★☆☆☆☆☆

 Posted by at 6:16 PM
10月 122012
 

丘キャンパーには馴染みの無いペグですが、山岳でテント泊の人は大変お世話になっている韓国のメーカーのペグです。

まぁ、、最近はオートキャンプ場でも山岳テントを見かけるから、山岳系じゃない人でも使ってるかもですね。。。

このペグはNEMOとかHillebergのOEMに使われるぐらい製品としての質が高いですよ。

実はペグだけではなくてポールもDAC社だったりします。

1本16cmで11gなのでナカナカの軽さです。型抜きでは無いので角が鋭利ではなく、幕を裂いてしまう事もないのが良いですね。

ストイックなウルトラライトを求めるならVARGOのペグをどーぞ。

「色がかわいい」とかいって、コールマンとかスノーピークのテントやタープにこれを使うのはNGです。あくまでも山岳用なので。。。。

軽さ ★★★★☆

質実剛健 ★★★★★

使いやすさ ★★★★☆

雪中キャンプ ★☆☆☆☆

 Posted by at 8:55 PM
10月 112012
 

日本ではファロスさんが取り扱っている雪と砂地用のペグです。

まぁ、雪中キャンプ用ですね。私はテンティピ用に16本使っています。

ソリステほどではないけど、それなりに重いんで、丘キャンプ(丘雪中)でしか使いません。

山岳での雪中の場合はMSRのブリザードステイクの方が軽いし山岳テントには十分な長さです。

 

 

本題のSnow&Sand Peg 500mmですが、固い雪面で無理に上からハンマーで打つと曲がります。

スノーペグは無理にハンマーで打つような使い方をする場面は、本来はありません。。。

そんな場合はソリステでもいいんですが。。。。

実際に北欧のキャンパーはソリステなんかつかいませんし。どうしてるかと言うと。。。

答えは「横にして使う」です。ほとんどのスノーペグは画像の様に沢山の穴が空いてます。

それを使って横にして使用できる様になっているわけです。

こんな感じにして使います。

まぁ、ヒルバーグユーザーの雪中ではお馴染みの使い方ですね。

この状態で雪中に埋めて上から踏み固めます。

アスピリンスノーの場合は埋めて軽く固まる程度の水をかけてください。

(かけすぎると撤収の時に大変な事になりますので様子をみつつ)

山岳で水が貴重な時はスノーショベルで雪を山積みにするか、スノーソーで固い雪を切ってのせます。

 

雪中キャンプ ★★★★★

重さ ★★★☆☆

8月 202012
 

アイスクライミング用の装備です。ハーケンですね。

テントのペグとして使用するにはオーバースペックですが、スペックが高いに越した事はありませんよね。

氷上でブリザードキャンプを楽しみたい方への逸品です。

こちらはスクリューイン スクリューアウトのタイプです。

販売されている長さは10cm,13cm,16cm,19cm,22cmの5種類。ペグとして使用する場合は16cm~22cmが良いでしょう。

パイプ径は17mmで歯の外周径は19mmですので、テントに合わせて工夫してみて下さい。

 

氷上キャンプ ★★★★★

初心者向け ★☆☆☆☆

8月 162012
 

コールマンの鋳造ペグです。スノーピークのソリステよりヘッドはこっちの方が強そうなんですけどね。

まぁ、ソリステもヘッドが曲がった事は無いのであえてこっちを買う事は無いんですが。

コールマンのは20cmと30cmの2サイズしか無いです。

ソリステの半額の定価設定なら、みなさんこちらを買うと思いますがね。

質実剛健 ★★★★

マニア度 ★★★

 Posted by at 4:48 PM
8月 162012
 

丘キャンパーにはお馴染みのソリステですね。

まぁ、スノーピーク製品が嫌いな人でもソリステ使ってると思います。

コールマンにも似たような商品があるんですけどね、長さが色々選べないんで、ソリステの勝ちです。

ただ、山キャンプでは使いません。重すぎなんで。

 

幕を買っても付属のペグは使わないでソリステを使う人がほとんどだと思いますが、

あの付属のペグって捨てるに捨てれないし使わないし、困った存在です。そんな人が沢山居るんでしょうね。

 

よく聞かれる質問に、「50cmのソリステは何に使うんですか?」ってのがあります。

私は50cmを6本所持してますが、地面が柔らかい時や暴風の時に活躍します。

ただ、「ペグが長ければ(強ければ)暴風でも大丈夫」ではありません、テントやタープの引き裂き強度にも着眼しないといけませんね。

あとは。。。。河原で野営の時ですね。こぶし大の石がごろごろしている様な河原では30cmではあまり役に立ちません。

どちらにせよ、必要な時には他で代用ができないんで50cmは必ず持っていきます。

あと「何センチのソリステを買えばいいんですか?」も聞かれますね。

キャンプ場でのキャンプを中心に考えているのであれば、30cmで揃えて20cmをサブ的な感じに使います。

野宿、野営を中心に考えているのであれば、30cmで揃えるのは同じですが、40cmと50cmを状況に合わせて使います。

野宿する場所にもよりますが20cmの出番は少ないですね。

雪中キャンプだと20cmと30cmは出番なしです。状況にもよりますが40cm 50cmでも微妙な時があります。

豪雪キャンプ好きな人はスノーペグをどーぞ。

氷上キャンプ好きな人はアイスペグをどーぞ。

質実剛健 ★★★★☆

定番 ★★★★★

豪雪キャンプ ★☆☆☆☆

氷上キャンプ ★☆☆☆☆

 Posted by at 4:31 PM